« みずみち | Main

July 02, 2017

発表! 2016年マンガベスト5 + 1

 2017年も前半を折り返した時点でこーゆーモノを発表するのにはわけがある。
 年毎おのれのカルチャー方面への情弱ぶりが身につまされるなか、マンガも例外でなく、発行されて数ヶ月後に「アレは面白そうだ」というウワサを聞きつけおっとり刀で読んでみると「面白いじゃん」となるのがけっこうあり、それが前年発行のものであったりする。原則この頁は「2016年に出されたマンガからベストを選ぶ」というつもりで書いており、けれど、それを発見するのが今年に入ってから、という事態がまま出来するのだ。
 したがって半年ほどの間を待たないと、2016年のベストリストがつくれない、ということになる。中には見過ごしてしまっているものもあるだろう。

① レイリ(原作 岩明均 漫画 室井大資)
② まんが家総進撃(唐沢なをき)
③ メカ豆腐の復讐(とり・みき)
④ BOX(諸星大二郎)
⑤ ゲレクシス(古谷実)
次 誰でもないところからの眺め(いがらしみきお)

①:まったく岩明均の世界だなあと思うんである。
  超絶スローペース連載中の『ヒストリエ』戦国
  時代版みたい。でもそこに室井大資の画が
  加わると、ユーモアの次元が一つ横にズレた
  面白さとなる。

②:完結。ホント、たのしませてもらいました。

③:久々に本出たんじゃない? 最近はヤマザキ
  マリのアシスタントなんかやってたんで心配
  だった。『シン・ゴジラ』のパロディなど、その
  スピードはこの人の身上だなあ。

④:諸星大二郎が個性を保ちながら一般人に寄っ
  てきたような風味。いまもっとも次巻がたのしみ。

⑤:『シガテラ』『わにとかげきす』『ヒメアノ~ル』と、
  同ンなじよーーな話を描いてたんで放っておい
  たらこんな反則技を繰り出していたのか(2巻で
  打ち切りになってしまいました。ワタシはもっと
  よみたかった)

次:すんません。2015年刊です。相変わらず日常
  に潜む違和をすくってきて、それをあらわすのが
  うまい。『Sink』以来ずっとこの快感にヤられて
  いる。

|

« みずみち | Main