« 村上春樹はなぜノーベル文学賞を獲れないのか | Main | 8.6秒バズーカーと差別意識 »

October 24, 2014

『ブルージャスミン』感想

 ついさっきDVDで『ブルージャスミン』を見終わった。ウッディ・アレンは多作すぎてここのところ追っかける気にもならなかったのだが、本作は近年でも図抜けて評判がいいように見えた。で、鑑賞とあいなったが、冒頭から引っ掛かってしまった。

(そろそろネタバレが含まれます)

 飛行機で移動中、ケイト・ブランシェット演じるジャスミンが隣り合わせた老婦人に一方的に話しかける描写がつづく。それだけで不穏なものを感じとれるのに、空港に着いた後、ジャスミンと別れた老婦人が迎えに来た夫に<自分の話だけをずっと喋ってるのよ>みたいなことを告げる場面がご丁寧に挿入されるのだ。ココは遠ざかっていく老婦人が夫に何か話しているがその声は聴こえない、というのが正解の演出だ。
 つまり本作のウッディ・アレンは「説明しすぎ」なのだ。そのためジャスミンの「不穏さ」も、語るに落ちるとでもいうか、「不穏の濃度」が薄まってしまっているのだ。と、いったん感じると全編がそのような描写をされているように思えてしまう。
 イヤ、面白い映画だと思いますよ。ただ「あの」ウッディ・アレンと身構えれば多くを期待してしまうわけで。
 実にわかりやすい映画だ。予告編だけで(ラスト前のあの「意外な事実」以外)、だいたい予想できる。実際その通りに映画はすすんだ。80歳近いウッディ・アレン。この調子ならまだまだ「面白い」映画を作りつづけられるだろう。でもその「描写の気遣い」にかすかな傷が走りはじめてはいないだろうか。

|

« 村上春樹はなぜノーベル文学賞を獲れないのか | Main | 8.6秒バズーカーと差別意識 »