« September 2012 | Main | March 2013 »

October 13, 2012

丸谷才一逝く

 (フィクションとしての)遺作『持ち重リする薔薇の花』に見えていたパワーダウンは、やはり加齢に拠るものだったか。いろんな噂を聞いてはいた。ふだんから声が大きく、時に編集者や周囲をその声で恫喝する、とか。でもこのヒトのエッセイ(『遊び時間』など)には大変たすけられた。読むべき本、文章から感じるべき方向、といった面で案内をしてもらった。
 11日に村上春樹がノーベル賞をのがし、今日、丸谷才一が亡くなった。まるで関係のない二つの事象だけど、なんだか「悔しい」という違和のある感情がわきおこってる。村上が『風の歌を聴け』で群像新人賞と獲るとき、丸谷は推した一人だった。いまの村上春樹の心境をとても聴いてみたい。
 ひとつ丸谷才一のオススメとして、短編集『樹影譚』に入ってる『鈍感な青年』を挙げておこう。
 とにかくも、合掌。

|

« September 2012 | Main | March 2013 »