« 上海2012・ ・SATURDAY/① | Main | 上海2012・ ・SATURDAY/③ »

May 31, 2012

上海2012・ ・SATURDAY/②

Img_0635 川を渡って(もぐって)中心街にひきかえし、お買い物の時間である。このとき森ビルでひろったタクシーの運ちゃんが何ンか怒りまくっている。理由がまったくわからないのだが(われわれのせいではないらしい)、あんまりしつこいので笑けてくる。
 一体に上海の街は騒々しい。象徴的なのはクルマのクラクションで、あちこちで終始鳴りっぱなしという感じ。ニッポン人はクラクションをめったに鳴らさないかわりに一たびやられるとそこに「悪意」「敵意」を感じるが、上海人の場合はおそらく「あいさつ」程度のものなのだ。同様にこの運ちゃんの怒声も実は冗談かなんかを言っているのやも。というのも、大声をあげてると思ったらふいに笑いだしたりするからだ。ちなみにこーゆー人たちはべたべたの「上海語」で喋るため、ビジネス用語の北京語を使うYクンにはサッパリらしい。

 とかなんとかやってるうちに到着しました「田子坊」。ここはいわゆる「お土産屋さん街」だ。けど豫園商城とはまったくちがって、古い倉庫なんかを改修し雑貨等を売る店をいっぱい建てたトコ。こういった場所をよく「ソーホー」なんて称しますな。オシャレなんである。「No Japanese!」は要らない。
 さてわれわれは散開行動をとることにした。物欲への嗜好は多様であるからして、五人まとめてぞろぞろ歩いてても効率悪い。今回「ヒトまかせ旅」を堪能してるワタシもこんなときだけは率先してひとりとなり、路地の細い、複雑きわまる田子坊の街へ入っていった。
 面白い面白い。かわいくて、それでいてどこかすっとぼけた小物がいっぱいある。う~ん、再集合の時間、もうちょっと長めにとるべきだったか。
Img_0838 購入したものの一部。ワタシのお土産の買い方は、(誰々さんには・・)とか「買っていくべき」ヒトの顔を思いうかべながら選ぶ、というのではなく、面白い! と思ったものをとにかく購入しておき、あとで配分を考える、というものだ。ここに写ってないがなにやらヘビのごとき得体の知れぬ雑貨ももとめたのだが、それはカイシャの人間にあげた(150元だったが、そう告げるとYクンにそれは完全にボッタクられましたと言われた。みなさん、田子坊では値引き交渉が利きます。おぼえておきましょう)。

Img_0839 すこし時間ができたのでYクンの住んでるところを見に行こうということになった。そのそばの店でワタシの買ったもの。
 面白いと思ったのはこういう「プロパガンダ・アート」を扱う店がけっこうあることだ。文化大革命を「おちょくっている」ととれなくもないモチーフを施した品々がそこらじゅうにある。大丈夫なのか? しかもそんな店がたいてい小洒落ているのだ。ここらへんの感覚はよくわからん。同店には「毛語録」の(おそらく)本物があった。とても手の出ない値付であったが。
 さてこの写真のTシャツとお皿、なかのイラストが同じようであるが実は異なる! それはどこでしょうというのを次回までのクイズとしよう。
 
 Yクンは瀟洒なマンションに住んでおった。ここら辺はYクン自身承知しておらぬようであったが昔の「フランス租界」の一部なのである。列強が上海の租界化をすすめる内、英米を中心とする「共同租界」とフランス租界に分かれた。フランス租界はパリのような景観をもとめて街づくりをしたからそれ風のたたずまいがいまも残る。それを求めて小奇麗なショップが進出し、それなりのマンションも建つ。Yくんが「このへんは白人とかがけっこう歩いてるんですよ」というのもそれなりの理由があるのである。

(つづく)

|

« 上海2012・ ・SATURDAY/① | Main | 上海2012・ ・SATURDAY/③ »