« January 2011 | Main | April 2011 »

March 16, 2011

達観

Dscn3847

 太古から日本人はこの不安定な大地のうえで暮らしてきた。何度も大地震に襲われて近しい人を失い住まう所がなくなった。それでも同じ場所にまた家を建て子をつくった。「東南海地震が100%くる」と言われてもその場所を去ろうという気持にはならない。
 これはもうニッポン人のDNAに「そういう」情報が書き込まれているとしか思えない。つまり、「周期的に“チャラ”にしましょう。んで“あらたな”ニッポンを生きましょう」ってな具合の。伊勢神宮が何年かに一度壊れてもいないのに建て直す、アレだな。
 こう何度も余震や関連(?)地震にみまわれるとこんな考えもうかんでくる。するとスッとラクになる瞬間がある。そのDNAがオレの中にある! 我々はそもそも「いつ壊れてもおかしくない超不安定なコンニャクみたいな土くれ」のうえで生活している。それでよい。壊れたらまた直す。それを粛々と、営々と繰り返す。それが前提の民族だ。だから精神も、それに耐え得るものになっている。

 でも原発は上記に該当しない人災だからね!

|

« January 2011 | Main | April 2011 »