« 『ノルウェイの森』はドストエフスキー『白痴』のパクリ? | Main | 達観 »

January 15, 2011

発表! 2010マンガベスト5 + 1

本日の更新 : 針鼠活字/針鼠銀幕


 おお、今年はそれなりにふさわしい時期に発表できる。
 では。

 ① ワイルドマウンテン (本秀康)
 ② 海街diary (吉田秋生)
 ③ キーチVS (新井英樹)
 ④ どうしても嫌いな人~すーちゃんの決心 (益田ミリ)
 ⑤ おはようひで次くん! (小田ひで次)
 次 斬り介とジョニー四百九十九人斬り (榎本俊二)

① : この完結は事件だ。一種の「夢オチ」だがそう単純なもんじゃ
   ない。8巻もかけた壮大な複線がすべて回収されてるストー
   リー上のすごさもさることながら、悪意・毒とかメカのかっこよ
   さ、叙情性、それに音楽等など本秀康のすべてが詰め込まれ
   てる。「ハガレゴッド」のさびしさに胸打たれる。
② : クレバーな作品だと思う。あらかじめすべての設定をディテー
   ルまで決めてから話作りに取り組んだんじゃないかと思うくら
   い、そこかしこで出てくる固有名詞が破綻なくどこかで必ず繋
   がってる。登場人物たちが皆「判ってる」(つもり)なのがちょっ
   とハナにつくけど、感情を喚起させる力が上廻ってる。
③ : ここに来ての急展開。ヤバイ方向に転がりだした。
④ : 益田ミリの「悪意」全開か。
⑤ : 「エッセイマンガ」というものの「薄さ」を自覚してる(元)芸術マ
   ンガ家のエッセイマンガ。それだけに一筋縄でいかない。承知
   の上でやっていながら凡百のエッセイマンガにしたくはない、
   かといって妙な芸術性を出すのもちがう、という板ばさみのなか
   から生まれた作品。
次 : よくぞこのようなマンガが出版されたものである。実はこの作品
   は榎本俊二の総決算なのではとにらんでいる。初期のシュール
   さ、途中あった幾何学的な動きを執拗に追求したもの、後のエ
   ログロ、一廻りしたシュール。全部あるのである。このストーリー
   のないマンガに。

|

« 『ノルウェイの森』はドストエフスキー『白痴』のパクリ? | Main | 達観 »