« 年越し香港2009-2010 ⑤ | Main | 短期集中連載転じて長期分散連載[2] ~ 僕のダイエット歴史について語ろう »

March 14, 2010

年越し香港2009-2010 ⑥

本日の更新 : 針鼠活字


Dscn0424 香港滞在も最後の日。部屋でゆっくりすごすことにする。
 朝食のバイキングもこれで食べおさめである。見渡すとあらためて多様な人種がひと所にいることに感心する。この地にきて間もなく気づいたのは「ディズニーランド(&シー)に似ている」ということだ。もちろんワタシは日本のしか知らないからそれと比して、ということだが。
① まず浦安のあそこの遊園地にはこのように外国人が多い
特に中国系と思しき方たちを多く見かける。白人ちらほら。ヒスパニック系じゃっかん、って感じか。もちろん比率はぜんぜんちがうけど、こうしたけっして広くないある領域のなかにいろんな肌の色のヒトがいてあたりまえにすごしてる、ってトコが似てるのだ。
② 各種「ライド」(乗り物)がいっぱいある
香港には「オクトパスカード」というものが売っていて、その足の数に引っかけて8種類(くらい多くの)交通機関に自由に乗降できるというプリペイド式のICカードだ。実際このような代物が便利に使われるくらい香港には乗り物が多い。エアポートエクスプレス、地下鉄MTR、ふつうのバス、二階建てバス、二階建てトラム、ピーク・トラム、フェリー etc etc ・・ ディズニーランドにもこうした移動機関がはりめぐらされているが、面白いのは香港のそれのなかにディズニーのアトラクション的「ライド」があることだ。今回乗れなかったけど、ピーク・トラムの下りは急斜面をけっこうなスピードで走るんでスリルを味わえるらしい。昨夜乗ったオープントップ・バスなんかはまさに「アトラクション」だ。街をふつうに行きかってる二階建てトラムからしてまったり系のライドの雰囲気を放っている。
③ メシが微妙
昨日分で触れた件だけど、こーゆートコも似てますね。
④ 英語がたくさん出てくる
英領だったからあたりまえなんだけど、たとえば地名。「銅鑼灣」にしても案内板には「Causeway Bay」みたいに必ず英語名が記されてる。初日に見た「シンフォニー・オブ・ライツ」なんて、ディズニーのアトラクション名にあってもおかしくないではないか。
⑤ ヴィクトリア湾の存在
これもさんざん言及したが、我々の宿が香港島にあったため度々この湾を渡ることになった。フェリーや、海底トンネルをクルマやMTRをつかって九龍側と行き来した。視界には常にこの湾があり、昼は横切っていく船を楽しみ、夜は対岸のビル郡が放つネオンを映す海面に見入った。これまたディズニー・シーを彷彿させる光景だ。

Dscn0467_2 というわけで、いささかコジツケもあったが香港をディズニーランドに例えてみた。で、唯一ディズニーっぽくなかったのはネイザン・ロードを闊歩する香港人たちの放つ、ワタシを疲労困憊させるほどのエネルギーである。
 帰りの香港(チェクラップコク)国際空港。ハブ機能では日本の空港など足元にも及ぶまい。中国の経済が活況を呈するなか、むかしから中国と海外の玄関口となっている香港はさらに元気なのだろうと思う。本土の人々(の一部)が裕福となって香港に観光旅行をしに訪れる機会が増えているようだ。香港の人たちはそんな中国人をどこかシニカルに見つめている気がする。香港人にとって中国本土は「金づる」なのだ。金儲けのために利用する相手に過ぎない。否定的な意味ではない。香港人のバイタリティをあらわす「事象」の一端なのだ。

 香港という独特の地域が出来あがったのは、中国(正確には当時の清国)人の「弱腰外交」にあった。
 阿片戦争が英国の香港搾取のきっかけとなったが、そもそも阿片戦争はなぜ起こったか? それはイギリスにおける「ティータイム」の流行だというのだ。お茶の葉や飲むための陶器等が中国から英国に大量に入るようになった。そのため英国から見て対清国の輸入超過に陥り、英国は対抗措置として清国に阿片の密輸をはじめた。これを断固退けようとしたのが林則徐という人なのだが、イギリス艦隊が天津沖にあらわれたことに恐れをなした清国は林則徐を更迭してしまう。その後南京条約が結ばれ、香港は割譲された。
 このときの香港人の本土への「恨み」のDNAが、いまだ面々と彼らの血に受け継がれているのでは、というのは邪推だろうか? しかし一方で、英国に占領されたという歴史を持つからこそいまの香港の魅力が備わったともいえる。
 「ザ・ペニンシュラ香港」で、阿片戦争の契機となったアフタヌーンティーを飲むために列をなしてまで待つ。この矛盾こそが香港だ。

Dscn0478 右は成田からのリムジンバスから見えた六本木ヒルズです。正月二日だからさすがに窓の明かりが消えてるビルが多かった。
 と、いうわけで年越し香港、行くまえ思ってた以上に面白かったッス。

(おしまい)

|

« 年越し香港2009-2010 ⑤ | Main | 短期集中連載転じて長期分散連載[2] ~ 僕のダイエット歴史について語ろう »