« April 2009 | Main | June 2009 »

May 31, 2009

1984年っていえばいちばん古本屋通いに燃えてた頃じゃんか。

本日の更新 : 針鼠活字/針鼠銀幕


 5月28日、本屋で『1Q84』(村上春樹)を見つける。29日発売と聞いていたから意外に思いながら購入。目次を見て「また「平行世界」モノか」と残念な気持。でも読み出しは好調。すくなくとも『ねじまき鳥・・』ほどのつまらなさは心配しなくていいようだ。
 本書のためにいま読みかけてた本は中断。めずらしいことだ。なんだかんだいって村上春樹への期待が大きいんだろう。
 思えば新刊を買っても積んどいて半年後くらいに読むってのが最近の傾向だ。もう古本屋に流通してる。ま、読みたい本はすぐ手元に置かないと不安なのは本読みの共通の心理だろう。
 久しぶりにリアルタイムで読むことの価値を味わいながらこの『1Q84』、愉しませてもらいます。

| | TrackBack (2)

May 06, 2009

オマエの器ではまだまだ小さすぎる・・

 きました、定額給付金の申請書。
 先に到着してた同僚の話とか、あとネットでもいっぱい取りあげてる人がいるんで、さてウチはどうかと思ってたらやっぱり! 返信用封筒より申請書の「折り」のほうが大きい・・ コレではもう一折りしなければ封筒に入りきらない。妙に分厚くなってなんとなく気持悪いですよね。
 なんなんでしょうね? この全国的現象。こういう作業は各自治体に任されているはずなんで、同時多発的におこるってのはオカシイ。やっぱ「丸投げ」といいつつ総務省あたりからマニュアルのごときものが自治体に廻されてるんでしょうか。で、何ンの検証もすることなくそれに従ってる・・
 いや、ワタシはこう思う。なんらまちがってはいないのだ! と。この折りのとおりに申請しないと給付は得られない。総務省や自治体は、我々を試しているのだ(でなければこんな凡ミスなど起こりようがない)。というわけでワタシは正解を見つけました。
Img_3588
White_3
 「折り」のサイズを尊重し、加工することなく封筒におさめ、のりしろ部分がピッタリこないけど何ンとか折り曲げて封印。ちょっと「危険」なニオイもするけど、コレが定額給付金をもらえる正しい申請の仕方です。
 参考まで。

| | TrackBack (4)

2009黄金週間日記

◆ 5月1日(金)

 ウチの会社には「メーデー」による休日というものが残っているのだ!
 したがって本日が実質的なゴールデン・ウィークのはじまりになる。
 けどまあ取引先の大半は出社しているわけで、営業としてはいつ自分の(会社用)ケータイが鳴るか落ち着かないのである。
 とはいえ休みは休みだ、ということでいつものことだが初日はもうただグッタリしている。グッタリしつつ、ケータイのほうにほんのすこし意識をむけている。そんな1日。

◆ 5月2日(土)

 今日は忙しかった。何がかというと、「おいでよどうぶつの森」のフリーマーケットの日なのだ!
 なんせ我が家を訪れる動物たちが、「たぬきちのみせ」の2~3倍の値で、ムシやらサカナやら、家具やらを買っていってくれる。この機をのがすわけにはいかない。
 部屋をかたづけ売り物を並べる。特に高値のつく「化石」は数日前から溜め込んでおく念の入れようだ。
 動物との価格交渉も気が抜けない。ギリギリの高値で売りつけるには、「高い」と渋る動物たちにむかって「しょーがないなー」を繰り返し、細かく値を下げていく必要がある。かと思うと、この値段じゃムリだろ、とふっかけてみたモンを、意外やあっさり「ほんとに○○ベルでいいんだね?」と引き取ってくれる。
 そのてのサイトを見ると、動物が買っていく価格には規則性があるとされており、その方程式(?)みたいのまで載っている。けれど「ゲームはしょせんプログラム」という事実を突きつけられてる気がして、「村」にハマりたいワタシは「方程式」を参考にせず感覚で動物たちと「きったはった」をやっている。
 というわけで、本日の売上で150000ベル分のローンを返すことができました!

◆ 5月3日(日) 憲法記念日

 「東日本国際親善マラソン」以来、(例によって)まったく運動しない日々が続いていたが、何故だかその気になって泳ぎにいくことにする。
 ジムのプールエリアに入ると、閑散としてる。居るのはジジババだけだ。連休だから若者は遠出しているのだろうと思うが、ひとつ見逃せない可能性として、退会者が増えてるんじゃないかということ。以前にも書いたけど駅の反対側に、もっとデッカクて最新のマシン等を備えたジムができた。みんなそこに移動してんじゃないか、というわけだ。
 ワタシなどは数百メートルとはいえ遠くなるだけで行く気が(さらに)失せるので、漫然とこのジムに居続けてる。この辺りは多少老朽化したベッドタウンで、高齢の方が多い。そんな会員は永く馴染んだこのジムを離れる気にはなるまい。かくしてジジババに占拠されることになる。まあこういった施設も、これからは高齢者にいかに入会してもらい、会員であり続けてもらうかがテーマとなろうから、いい機会ではあるまいか。
 1㎞泳いで、いつにもまして爽快な気分でジムをあとにする。
 
 この日、それまでぽつぽつ読みすすんでいた絲山秋子の『ばかもの』を読了。昨年かなり評判になった作だがそれほどのもんかあ? 時間の経過のリズムが、ワタシ(だけかもしらんけど)の生理にあわない。

◆ 5月4日(月) みどりの日

 しょーがないので「八景島シーパラダイス」にむかう。これは、ヨメと何気なく約束しておいてかれこれ数年放っておいた案件だ。あんまりしつこいので借金を返す気分で腰をあげたわけだ。混雑必至のこの日に。
Seapara_2 けれどワタシも動物はきらいではない。いちど入場すればけっこう夢中になってしまった。特に、この3月からやってるという「スーパー・イワシ・イリュージョン」は、そのネーミングのすっとぼけ感もあいまってなかなか見事だった。
White
Img_3571_3 メシを食ったあと、なぜかエネルギーのありあまっている我々はボーリングへ。こんなところにもバーチャル界を導入したのでした。成績については言及を避けましょう。
White
◆ 5月5日(日) こどもの日

 本日は神宮へヤクルト―阪神戦を見にいくのだ。チケット屋を廻ってやっと手にいれた外野指定席なのだ。
 しかし天気予報は雨。ってかでかける時から降りはじめていた。なーに、これくらいの雨ならやるだろう。連休でほぼ満席みたいだし、球団としても強行したいハズ。ということで、外苑前を目指す。が・・
White
Torakichi2_2 ヤクルトのホームなのになぜかトラキチで埋まった外苑前駅で、「中止」を知る。
White
Jingu_2 ガックリだがショーガナイ。せっかくだから神宮球場まで歩き、「中止」をこの目で確認してから渋谷までぶらぶら歩くことにする。移転した「志賀昆虫」の跡を見たりしながら宮益坂をおり、ちょうどころあいもいいので居酒屋に入ったのでした。

| | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »