« January 2009 | Main | March 2009 »

February 08, 2009

画力も「脳年齢」にくわえてほしい。

本日の更新 : 針鼠活字/針鼠銀幕


Img_3420_1_3 さて、この絵はなにを表現しようとしているのでしょう? 「スイカ」ではないことは無論です。
・・・・・・
White
Img_3420_2 そーです! へつじことワタシの絵を見れば一目瞭然のようにこれは「マンボウ」なのですね。それにしても我がヨメ(すいか)の画力、すさまじいものがあります。いまでは写真を撮っておかなかったことが悔やまれてならないのですが、この他にも「カブトムシ」など数々の傑作を描きつづけています。
 その境地は「下手」などというレベルを超え、むしろ怖い。これで「脳年齢20才」なぞとエバらないでほしい。幼児画ではないか。やはり「脳トレ」の脳年齢とは精神年齢であることを確信したのでありました。

| | TrackBack (0)

いよいよ休肝日を検討すべきか。

Img_3423 痛風で通ってる病院の血液検査。「UA」というのが尿酸値なんだが5.2か、医者は「良好」というがオレからするとちょっと低すぎんだよねぇ。6台をたもちたい。
 いつぞやも書いたが尿酸は活性酸素への抵抗能力があるのだ。これで老けこむのを遅らせるとゆーネライだ。しかしまあ持病でこんなことをくわだてようというのは因果であるな。
Img_3424 むしろ医者に小言されたのはこっち、γ-GTP。う~ん前回は130台だったような。ちょっとづつ上がってきてるな。まだ心配するような数字じゃないと思うが(うちの職場の面々とくらべると)、なんとなく不安ではある。でも酒を止すとこんどはアタマの中身がおかしくなりそうだしなあ。悩むところである。

| | TrackBack (0)

くやしいです! 千葉マリンマラソン

Img_3422 千葉マリンマラソン(5㎞部門)の「記録証」が送られてきた。事前にサンケイスポーツの紙面で数字は知っていたものの、あらためてこう突きつけられると忸怩の念がブリかえしてくる。
 チラッとだけ見せるが30分も切れなかった。いかに練習していなかったとはいえ、年明けからちょっとは走っていたのだ。悔しい。ほんとーに悔しい。やはり年齢のせいなのか? オレは老いているのだろうか(それにしても60代以上の部の人たちにも次々と抜かされたが)。
 いまはまた目標がないために怠惰な毎日をすごしている。ま、今回のなぐさめは、ダンゴ状態でゴールしたオレを含む3人がいたのだが、「自分がぜったい速かった」と主張してたヤツがぜんぜん後方だったことだ。わはは、オロカモノめ・・ こんなことでしか屈託をやり過ごせないのである。

| | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »