« 熱海彷徨(ついでに10㎞マラソン報告) | Main | 足跡を消せ! »

June 29, 2008

疲労のエビデンス

本日の更新 : 針鼠活字/針鼠銀幕


 痛風のクスリ(ザイロリック)をもらいにいってる病院で、久しぶりに採血しての検査。会社の健康診断は、春は尿酸値をはからないので役にたたないのだ。
Tufu_1 この「UA」というのが尿酸値のことなんだけど、みごと、見きわめの線である「7」を切ってる。この1週間、ビールをちょっとひかえ、この日は朝から大量の水分を摂って何度もオシッコしただけのことはある。
Tufu_2 それより気になったのはこっち、γ-GTPがこれくらいあるのはご愛嬌。会社には4ケタの猛者もいる。モンダイは「CPK」のほうで、これは筋肉中の疲労度をしめす数値らしい。医者には肉体労働をやってらっしゃる方ですか? と訊かれた。まあ営業だから歩き廻ってるし半分肉体労働のようなもんだが。

 医者 「フム、それにしても高い数字です」
 オレ 「あ、東京マラソン走りました!」 これにはそばにいた看護婦もハッと息をのむ様子。
 医者 「ほう、それはいつのことですか?」
 オレ 「・・2月です」
 医者 「あ、カンケーないね」

 即答であったが、東京マラソンを走るような人間なら日ごろもランニングしててその疲労の蓄積かも、といった推理くらい働かんのか。ま、実際これっぽっちも練習してないんだが。すぐにどーこーなるまでの数字ではないらしいのでしばらく様子を見ましょう、となった。心配させやがる。
 しかし会費を払ってるのに最近まったくジムに行かないオレに嫁の目が冷たかったわけだが、この数値を見せて、オレは疲れてんだ、と堂々と言い訳できることになった。ヤブの医院だがたまには役にたつじゃないの。

|

« 熱海彷徨(ついでに10㎞マラソン報告) | Main | 足跡を消せ! »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37126/41684061

Listed below are links to weblogs that reference 疲労のエビデンス:

« 熱海彷徨(ついでに10㎞マラソン報告) | Main | 足跡を消せ! »