« August 2006 | Main | January 2007 »

September 24, 2006

ドキュメント痛風発作'06夏

本日の体重 : 67.2kg

本日の更新 : 針鼠活字/針鼠銀幕

 いま思えば8月のおわりの火曜日に行った小出張がキッカケだった。移動が多いと事務所にいるときのようには水分を摂れない。トイレに行く機会も少ないし、そもそも不思議と尿意を覚えない。この日も日中まったくといっていいほどオシッコをしなかった。で、夜はビールを大量に摂取。
 翌水曜日はちょっとヘビーな打合せの後オツカレサンでやっぱ呑み。その夜、モーローとした頭でアレチョットアシガムズムズスルナと思った記憶がある。
 果たして木曜日の朝。痛い、痛いのである。右足の甲があきらかに痛風の痛みでうずいている。過去経験した最大級の痛みを「10」とすれば、それは7.5といったあたりだけど、ためしに廊下を歩いてみるとこれはムリ! 幸いその日はアポなど入ってなかったので会社を休ましてもらう。

 それにしてもクスリを呑んでるのに何ンでまた発作が。この1年まったく、兆候さえ、出なかったんで安心しきってたんだが。火曜日に尿の排泄が少なく尿酸が溜まっていたであろうこと。飲酒が続いたこと。ストレス等々、推測できる要因はいくらでもあるけど、それにしてもこの事実は、クスリを飲んでいても発作は起こり得るということを指しており、かなりショックだ。マラソン部などと調子に乗っている場合ではないではないか。

 さて、その木曜日から金土日月とお酒を口にしなかった。ワタシとして画期的なことである。効果はテキメンで、火曜日にはまったく痛みはなくなった。気疲れする会議のあった日でもあり、5日もの断酒を決行した自分へのごほうびの意味も含め呑みに行く。しかし万全を期してビールは避けておいた。
 水曜日。ン? ちょっと足に違和感が・・ オカシイナビールノマナカッタノニ・・ 今日は酒をひかえておくか。
 木曜日。昨日よりも違和感が増している気がする。いやこれは「痛み」というものではあるまいか。けれど本日は避けられない呑み会があるのだ。大丈夫、ビール飲まなきゃ。というわけで2次会までしこたま焼酎を飲む。
 金曜日。痛い! こりゃレベル「6」だ。でも今日は休むわけにいかないアポがある。足をひきづり気味に取引先へ。それにしてもなんちゅう湿気の多い日だ。足は痛むし汗でシャツが肌にはりつくし、おまけにこの日の仕事は散々な結果で、ストレス溜まりまくりで足の痛みは加速度的に激しくなっていった。

 以後、12日間の断酒を余儀なくされる。
 ヨメと焼肉を食べに行き、美味そうにビールを飲む彼女の横で、さびしくウーロン茶を口に運ぶ、などというたいへん貴重な経験をする。

 だんだん判ってきたが、痛風患者としてはクスリにダイエットをプラスしないと、やっぱりビールには対抗できないんだろう。このところ60kg台後半を維持してしまっている怠惰な身には、当然の末路なのか。しかし! マラソン部に加えて抗痛風発作というモチベーションが新たに加わったことは、むしろメデタイではないか。これを機にせっせと走り、プールに通うのだ!!

| | TrackBack (1)

« August 2006 | Main | January 2007 »