« 「愛ルケ」その後 | Main | 痛風物語_14 »

August 28, 2005

痛風物語_13

◆ このところ痛みがない。「疼き」みたいのも出なくなってこれは発作終了とみていいんじゃないか。
◆ それにしても永かった。約4ヶ月。やっと薬が継続的に効いてきたってことか。『痛風はビールを飲みながらでも治る!』の納光弘先生に感謝すべきだな。おかげで最近浴びるほど呑んでます。
◆ 以前、体質改善で発作を抑えようとして薬を避けてたのにはワケがあって、それは痛風の原因たる尿酸の持つ効果。ヒトを老化させる物質として「活性酸素」がそのひとつだけど、尿酸はこの活性酸素を減らす力があるらしい。実際痛風の人は意外に長生きという報告もある。
◆ つまり、痛風の薬をのむと尿酸値が劇的に下がって、この「対活性酸素」の効果がなくなってしまう。体質改善でぎりぎりの数値を保つことで、「痛風の発作も出ない」「そのうえ長生き」という二兎を追う効果を狙ってたわけだ。今にして思うとなんともさもしい心根だ。
◆ それにそんなに長生きしたいんだっけか? オレよ。(hedge)

|

« 「愛ルケ」その後 | Main | 痛風物語_14 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37126/5674716

Listed below are links to weblogs that reference 痛風物語_13:

« 「愛ルケ」その後 | Main | 痛風物語_14 »