« 短期集中連載[1] ~ 僕のダイエットの歴史について語ろう | Main | カタヅケ作戦(上) »

January 30, 2005

痛風物語_9

◆ 我がイケメン医師は60がらみかと思われる「オジイチャン」だけれども、半年ぶりにそのご尊顔をあらためてシゲシゲとながめてみれば、彫りが深くて肌浅黒く、眉は太いしオメメはぱっちり二重であり、髪ゆたかにしてロマンスグレー、近所のババア連中にモテモテという床屋のオネェさん情報にも、うなづけるのであった。
◆ 「どうしました?」
しばしの黙想をうちやぶる医師の問いかけにワタシは「あ、いや・・」などとあわてつつ、かねて持参の11月にやった健康診断結果が記された紙をとりだした。
「実はですね・・」
◆ そうなのである。毎度痛風の発作がでたときだけオットリガタナでこの病院に駆けつける事態を、いかに「怒らない」我が医師が相手とはいえワタシはいささか恥じていた。で、健診結果の尿酸値「10.7」という新記録と「要精密検査」の文字を頼りに、いままさに発作がおきているという事実を伏せて、
「健康診断でこんなこと言われてしまいまして、ちょっと真面目に直そうかと思ってお薬をいただきに・・」
ということにしたのである。
「ウム」医師は紙を手にとって仔細にながめている。「γ‐GTPと中性脂肪もすこし高いようですね」「イヤ、そっちはいいから」という言葉をのみこむ。
「ええ。これから年末年始でお酒の機会も多いモンで」
「まだ呑むんですか?」
お、「怒らない」医師がさすがにちょっと呆れてる?
「では薬を2週間分出しておきます。2週間後にまた来るようにね。それとお酒は控えたほうがいいですね」
「ハ、ハイ」たぶんまた半年くらいは来ねぇだろうなと思いつつワタシは従順に応えた。
◆ かくして「アロシトール」という尿酸値を下げる薬を「院内処方」で得ることができた。これが床屋のオネェさんの言うとおり「20年前と変わらない」モノなのかどうかは判らない。
◆ (それにしても)と降りしきる雪のなか自宅にむかいながらワタシは想起した。(あのときの医者はここのイケメン医師とは対照的だったなあ)名古屋は栄の出張の折におきた痛風発作。あの帰りに立ち寄った高円寺の医院に、ワタシは思いをはせていった。
◆ つづく(hedge)

|

« 短期集中連載[1] ~ 僕のダイエットの歴史について語ろう | Main | カタヅケ作戦(上) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37126/2742671

Listed below are links to weblogs that reference 痛風物語_9:

« 短期集中連載[1] ~ 僕のダイエットの歴史について語ろう | Main | カタヅケ作戦(上) »