« 痛風物語_6 | Main | 睡眠力 »

December 31, 2004

痛風物語_7

IMG_0301◆ 12月29日、66.3kg。いよいよまやかしのダイエットが限界に達し、筋肉の(衰えによる)減量が脂肪の増殖に負け越しはじめたのだ。運動をしていない時期が4週間目ともなれば当然の事態だが、せっかくの冬休みに入ったというのに、折悪しく出た痛風の発作で、走ることも水泳もままならない。わがダイエットに未曾有の危機がおとずれている。

(承前)◆ 長崎ちゃんぽん屋で呑んだ一杯の生ビール。コレがこの度の発作の、直接のトリガーになったようだ。
◆ 翌火曜日、朝。痛い。痛いのである。左足の裏、やや外側がかなり痛い。まだ普通には歩けるが、筋肉に妙な負担をかけているようである。水曜日は日帰り大阪出張。もちろん「新幹線でビール」などとんでもないハナシであったが、この晩の忘年会では、それでもチューハイ、日本酒を恐る恐る呑む。
◆ それがたたったか、翌木曜日天皇誕生日休日出勤、足をひきずらなければ歩けないほどの痛みとなった。奇妙なことに痛む部位が右へと移動しており、いまは内側のくるぶしの辺りだ。夜、またもオツカレの呑み。けれどウーロン茶オンリーでついに一滴もアルコールを口にしなかった。これは驚異的なことである。
◆ 金曜日、接待でしゃぶしゃぶ。やはりほとんど呑まず。それにしても、ワタシの精神は酒で均衡を保っていると思いこんでいたが、こうして呑めない状況が続いても意外と平気である。まあコレをキッカケに酒をやめようなどとは微塵も思わないが。痛みは足の甲へ上ってきた。
◆ 以来1週間、足をひきずるほどではないものの、痛みは続いている。せっかく酒をやめているのにこれは奇妙なことであり、損したような気分だ。天はワタシの努力をあざ笑うのか。仕方ないので、29日、病院へ行った。体質改善によって痛風を抑えようというワタシにとって、薬を用いることは心外の事態なのだが、年末年始をアルコール抜きですごすことはありえない。約半年ぶりにわがクリニックへとむかった。
◆ つづく(hedge)

|

« 痛風物語_6 | Main | 睡眠力 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37126/2431308

Listed below are links to weblogs that reference 痛風物語_7:

« 痛風物語_6 | Main | 睡眠力 »