March 20, 2017

菅野完、その容貌

 森友学園問題で、にわかに注目を浴びている菅野完氏。ワタシはこの人物を以前から知っていた。なんのことはない、毎週読む雑誌の一つ「SPA!」の巻頭に連載を持っている人だからだ。
 今日2017年3月20日現在では、どうも彼の立場は一転守勢に廻っているかに見える。しかし、23日の証人喚問までは安易な憶測を表明するのは慎むべきであろう。
 ワタシが言いたいのは菅野氏の容姿に関してなのだ。彼の顔は唯一その「SPA!」の頁下に紹介されているものしか知らなかった。
Kanno_01
 これがそれだ。なにやら「切れるジャーナリスト」風に写っているではないか。ワタシはこの写真によって「陰のあるイケメン作家」菅野完と認識していた。まあワタシの思い込みであることは否定しない。それにしても、だ。最近TVやyoutubeで目にするのが、
Kanno
である。
 ヒトの身体的欠点をあげつらうのは正しくない、とは認識しているが、これは「イメージ操作」ではないのか!? まるっきりのオタク顔である。
 「SPA!」は祝日などがあると「合併特集号」などと称してすぐ休んでしまう。今回は幸か不幸か明日21日(刊行日である火曜)が休刊である。このところずっと森友学園を取り上げていたこの連載が、どう出てくるのか、あるいは「SPA!」側が菅野氏を御し切れるのか、非常に注目されるのだが残念である。
 はたして、翌く火曜日の3月28日、彼の連載が続いているかどうか。

|

February 16, 2017

谷口ジローの死

 さびしい。この人の描くマンガを見られなくなるのが、やりきれなくさびしい。
 個人的に所有してる彼の作品は、最後に買ったのが『ヴェネツィア』。これはルイ・ヴィトンのために描き下ろした、「マンガ」ともつかない、むしろ画集である。美しいカラー、構図。そして『冬の動物園』がある。
 マンガ家の画は、永く描きつづけるほどに変化してゆく。なかには植田まさし先生のように、どんなに量を描いても絵が微動だにしないのもあるが。大島弓子氏は好例で、個人的に『グーグー』以降の「枯れた」画が大好物だ(最近彼女の画を目にする機会がすくないのがさびしい)。
 谷口ジローは上手い。上手いが、どこか粘着的な線だなぁと感じていた。関川夏央とのコンビ作品や、『犬を飼う』『遥かな町へ』そして『孤独のグルメ』など、愉しんでよんだけど、「線」への違和感はぬぐえなかった。
 そこへ『冬の動物園』だった。この自伝的要素を交えた物語は見事に「枯れた」線で描かれていた。短篇では、故郷に帰った主人公におさななじみの女の子(他へ嫁ぐことが決まってしまっている)が想いを告げる、『夏の空』が大好きだ。この作品でも2006年の発表。不勉強な私はその後の谷口ジローを熱心に追いかけることはなかった。
 まだ69歳だった。もっと心地よい画を見せてくれたはずだ。
 合掌。

|

February 15, 2017

安倍長期政権の真相

 それはやはり「容姿」だろう。
 今回のトランプ会談でもハッキリした。外国人、特に白人と並んでも見劣りしない外見を具えていること。これが、特に日本人にとっては重要だ。しょせんはイエローモンキー。白人と外見でタメはれる、それだけで我が国の人々は、何か、誇らしいような気持になってしまうのだ。支持率の高さもうなづかれる。
 安倍の前の首相をさかのぼってみよう。野田-菅-鳩山-麻生-福田。言わずもがなである。このひとつ前は第一期の安倍が勤めているが、「お腹が痛くなる持病」で短期政権に終わっている。その間に病気への特効薬が発明されたようで、いまの安倍があるわけだ。
 言っておくが個人的には安倍が好きではない。南スーダンで起こっている事案ひとつを採ってみても、憲法9条の集団的自衛権の“解釈”改変にあらわされるように、彼の決めたことが悪い方向へ導いていることはあきらかだ。安倍の腹の中は真っ黒である。
 その前の首相、小泉純一郎もそうだった。彼も「容姿」のヒトだった。新自由主義的な政策が次々と断行され、特に介護制度はズタズタになった。格差も拡がった。けれど、長期政権だった。サミットに行っても見栄えがするから。それを国民が喜んだから。
 正直申し上げて今回のトランプ会談は成功だったと思う。特に経済面で特定の数値目標をあげさせられたりしなかったのは良かった。安保の件もね。
 でもどうなんだろうか。会談「全体の容姿」をキメすぎちゃった気がする。ゴルフコースのハシゴだとか、イヴァンカ撮影写真のツイッターとかね。アメリカ人の半分はトランプのことを良く思ってないし、海外だってそうだ。そんな雰囲気のなかで「トランプとマブダチになりつつある安倍」を見せちゃうってのはね。
 ここはひとつ「ドナルド、キミのやってることはなかなかイケてるけど、ムスリムの入国禁止、ってのはダサいよね」くらいのことを安倍が言ったという報道が世界に打電されれば、我がニッポンの人気も(もちろん安倍サンも)ウナギ登りなんだろうけど。
 ま、USAの51番目の州としては、ムリですわな。

|

January 17, 2016

発表! 2015年マンガベスト5 + 1

 面白いマンガを探り当てるのがむつかしくなってきた。刊行点数が多いから本屋の平積みもどんどん入れ替わるでしょ。雑誌やネットを見てて、(あ、この作家、新刊出してたんだ!)なんてだいぶ後から気づいて、こそこそamazonに発注したりして。「紙派」としては急速に失われつつある本屋さんで買いたいんだけどね、きっと売り切れてる。
 それにこっちの「感性」も加齢に伴って鈍ってるのかな。だいぶ評判をとった『岡崎に捧ぐ』なんて、さっぱり面白くなかった。きっと「アンテナの広さ・鋭さ」もおんなじ神経が作用してるだろうから、いいマンガを見つけられなくなってるんだな。

① 秋津(室井大資)
② アトム ザ・ビギニング(カサハラテツロー)
③ 今日を歩く(いがらしみきお)
④ なぎさにて(新井英樹)
⑤ あしたのジョーに憧れて(川三番地)
次 Sunny(松本大洋)

① 完全にノーチェックだった。連載始まったのはけっこう
  前。一読夢中になり、もう何度読み返したかわかりま
  せん。主人公(?)の漫画家・秋津薫の繰り出すゲス
  な言動がクルんだが、キーは息子・いらかにあると思
  う。いらかは小学生なのに、母親の出てしまったこの
  家で料理などしてる。サツバツとして見える父との関
  係性にあって、このいらかの爽やかなありかたが、
  「逆・山葵」みたいに効いてる。「いらか」というのは
  童謡『鯉のぼり』の「甍の波と雲の波・・」の「甍」で
  しょ。5月の晴天の下どこまでもつづく瓦屋根がぱぁ
  ~っと浮かんでくるネーミングだ。その他、サブキャラ
  達も誰もが一筋縄ではいかない連中で、この父子に
  絡んでくる。

② 浦沢直樹『PLUTO』とは全くテイストが違う。
  『PLUTO』は浦沢(と、ブレーン(?)長崎尚志)
  が描いてきた世界にアトムを引きずりこんでるが、本
  作は『鉄腕アトム』のリスペクト作品足らんとしてい
  る。まだ2巻だから「予断は許されない」けど、楽しみ
  な作品。

③ エッセイマンガなのに同じ作者の『Sink』を想起させ
  る。日常に潜む不条理。それをノンフィクションでやら
  れるんだからたまらない。

④ 新井英樹の次の挑戦は、ベタな古典SFのタイトルを
  そのまま持ってきた終末モノ(おそらく)だった!
  1巻ではのほほんとした雰囲気が占めているが、
  『キーチ!』もそうだった。これから凄まじい描写がは
  じまるだろう。

⑤ 正直マンガ作品としてはいま一歩の感。でも、他なら
  ぬちばてつやの現場を報告してくれる「ノンフクショ
  ン」として本作をとらえれば、俄然興味深く読める
  のだ。

次 連載終了。新しさはなかったが、作者がこれまで描くこと
  で得たものを存分に発揮した作品だと思う。おつかれさ
  までした。

|

January 11, 2016

己の忍耐力に恐れ入る。

本日の更新 : 針鼠活字/針鼠銀幕


Ua_2
 年末に行ってきた痛風の病院での、血液検査結果。尿酸値はもうずっと安定してる。10年くらい、発作でてないんじゃないか。前はクスリをのんでても、強いストレスに永い間さらされると痛みが出たもんだが。んで、最近まで、けっこうな屈託を伴う仕事に就いてたんだが、精神面の耐性ができたのか、はたまた鈍くなったのか。いずれにしろ、いいことである。
 ついでにゆーと癲癇のほうも無事です。オレ、ほんとに癲癇なのかな。最初の医師の診断も、なんだかあいまいだったし、こっちのクスリは自己判断で規定の半分しかのんでない。でも敬愛するドストエフスキー先輩と同じ病気なんで、このまま受診をつづけるのだ。

Gtp
 問題のγ‐GTP。痛風で通ってるんで、医者には腎臓の様子を診てもらえればいいんだが、担当はいっつもこっちのことで苦言をていす。でも、ま、一時300台までいったんで(γ‐GTPの正常値は16~73)、さすがに自分でもヤバイと思って、9月から休肝日を設けているのだ。均すと週に2・3日、呑んでない日があったことになる。効果はてきめんでこの数値である。さしもの医者もこれには文句も言えず、ま、忘年会などあるでしょうから気をつけて、とか何ンとか、もごもごするだけなのだ。
 それにしても、酒を欠かさぬ日々から月に10日の禁酒を行うまでに至るとは、オレ様とはなんと見上げた男だろうか。この道に蹉跌はない。なんとなれば、あの医者の存在がオレに禁酒を継続させる。ヤツはどうも肝臓のことでオレを叱りたがってる節がある。いったん下がったγ‐GTPの数値がまた上がれば、それ見たことかととくとくと説教を垂れるにきまってる。私はそんな事態にはよう耐えん。呑みたくなったらあの医者の三白眼を思い出すことにしよう。

|

March 14, 2015

発表! 2014マンガベスト5+1

① 火事場のバカIQ(榎本俊二)
② 子供はわかってあげない(田島列島)
③ あれよ星屑(山田参助)
④ ドミトリーともきんす(高野文子)
⑤ 逢沢りく(ほしのよりこ)
次 現代思想の遭難者たち(いしいひさいち)

① 榎本俊二が、小学館で、しかも「IKKI」で
  おっぱじめた! かねてここの編集長には
  嫌われていると公言していたのが、編集長
  が変わったのか気が変わったのか。とにかく
  内容はヤバイ。このところエッセイマンガを
  見ている側としては、二人の子供の父親とし
  て、よく発表できるな、というものばかりだ。
  しかも面白い。規制も(ページ数さえ!)少ない
  ようだし、このままイッてほしいもんである。

② 相当評判になったマンガ。「久々に胸のきゅん
  とする・・」的な評価が目立つが、本作はSFだ。
  そのセンス・オブ・ワンダーに我々はきゅんと
  しておるのだ。

③ 数年前西原理恵子の漫画で紹介されていた
  山田参助。当時は超絶技巧のホモ絵を描くヒト
  という売りだったが、ついに本作で一般マンガ
  に進出した。しかも主人公はノンケ、というか女
  好き。絵柄もマンガとして成立する、「クレバー
  な」上手さにもっていってる。たのしみです。

④ 寡作なこの人が作品を発表すると、満を持して
  御大登場という雰囲気で、作品への批判など
  許されないような感じになる。でも実際面白い
  もんね。

⑤ この人は相変わらず下手。枠線もまっすぐに
  引かない絵に一部から批判もあるようだが、
  読む者のエモーショナルな部分を引っ張り
  上げる力は相当なものだ。

次 2014年発表作ではないのですが、ワタシ、
  縁あって読む機会に恵まれました。いしい
  ひさいち氏には、バイトくん時代からちょっと
  生理的に受け付けられないものがあったん
  ですが、朝日朝刊の山田くん→ののちゃん、
  とりわけファド歌手を夢見るROCAちゃんには、
  紫雲丸事故関連も絡めて魅かれていました。
  そんな時に手に入れた、難解な哲学を四コマ
  マンガのオチもありつつ紹介していくという本作
  にはとりわけ感じ入りました。

|

空けない夜はない 冬来たりなば春遠からじ

本日の更新 : 針鼠活字/針鼠銀幕


本日の体重
Img_1045_2_2
64.6㎏。
 最近はここら辺をウロウロしてます。
 食うのを減らしてんのは続いてんだけど、運動しなくなっちゃった。
 ジムにも、昨年の10月を最後に行ってない。ああ!会費がもったいない。

 はやく暖かくなんないかなあ・・ そうすりゃ動く気になるはずなんだよなあ・・ などと自分に言い訳する日々。

|

January 26, 2015

8.6秒バズーカーと差別意識

 また早とちりの深読みを・・ とのそしりを受けようとも、今ここに書かずにはいられぬ。「8.6秒バズーカー」にはネトウヨにも似た差別意識が見受けられる!
 たとえば『ラッスンゴレライ』のラスト近く。

 サウジアラビアの父さんと
 インドから来たお母さんの
 間に生まれたお前の名は
 ラッスンゴレライ

とあり、これを受けたツッコミの田中シングルが、

 日本の父日本の母
 間に生まれし俺はジャパニーズピーポ

と、己が「純血」をうたいあげるのだ。

 あるいはこっちはどうだ。今のところ二つしかないと思われるもう一方のネタ『お弁当』。弁当のおかずに何を入れるかという騒動がつづいて、ボケ役のはまやねんが、

 クラスの仲良し兄弟
 佐藤と前田入れときます

などと言い放ち、すかさずシングルが、

 兄弟やのに苗字違う
 それ家庭環境複雑

と返す。さらには(ここちょっと重要)、

 佐藤と前田何があった
 この前佐藤が前田と一緒に泣いている所を見ました

 で、このエピソードに特に落ちはなく、「佐藤と前田」はここで放り投げられるのだ。いったい佐藤と前田はなぜ泣いていたのか。その理由に触れぬのは恣意的なものか。ここらへんに彼らの「作戦」を感じられずにはおれないのだ。
 もちろん、妙に偏差値も地頭もよさそうなこの二人組(特にシングル)、「サウジとインド」を「中国と朝鮮」などにはせぬし「佐藤と前田」をそれっぽい名前(すいませんここでは書けません)には設定しない。
 が、わずか2個しかないネタのなかでこうまで(ワタシにとって)胡散臭さを感じさせるとは、何かあるに違いない。
 デビューわずか1年もせずにブレイクした「8.6秒バズーカー」、これからも(一発屋で終わらないかぎり)君らの言動を注意深く検分させてもらうぞ。

|

October 24, 2014

『ブルージャスミン』感想

 ついさっきDVDで『ブルージャスミン』を見終わった。ウッディ・アレンは多作すぎてここのところ追っかける気にもならなかったのだが、本作は近年でも図抜けて評判がいいように見えた。で、鑑賞とあいなったが、冒頭から引っ掛かってしまった。

(そろそろネタバレが含まれます)

 飛行機で移動中、ケイト・ブランシェット演じるジャスミンが隣り合わせた老婦人に一方的に話しかける描写がつづく。それだけで不穏なものを感じとれるのに、空港に着いた後、ジャスミンと別れた老婦人が迎えに来た夫に<自分の話だけをずっと喋ってるのよ>みたいなことを告げる場面がご丁寧に挿入されるのだ。ココは遠ざかっていく老婦人が夫に何か話しているがその声は聴こえない、というのが正解の演出だ。
 つまり本作のウッディ・アレンは「説明しすぎ」なのだ。そのためジャスミンの「不穏さ」も、語るに落ちるとでもいうか、「不穏の濃度」が薄まってしまっているのだ。と、いったん感じると全編がそのような描写をされているように思えてしまう。
 イヤ、面白い映画だと思いますよ。ただ「あの」ウッディ・アレンと身構えれば多くを期待してしまうわけで。
 実にわかりやすい映画だ。予告編だけで(ラスト前のあの「意外な事実」以外)、だいたい予想できる。実際その通りに映画はすすんだ。80歳近いウッディ・アレン。この調子ならまだまだ「面白い」映画を作りつづけられるだろう。でもその「描写の気遣い」にかすかな傷が走りはじめてはいないだろうか。

|

October 09, 2014

村上春樹はなぜノーベル文学賞を獲れないのか

本日の更新 : 針鼠活字/針鼠銀幕


本日の体重
628
ワハハッ。順調に痩せ細っておるぞ。気分は力石徹だ。ウチの会社に潜んでいるジョーよ、ワタシを殴り殺してみぃ!

 ところで村上春樹である。またもノーベル文学賞を獲れなかった。英国の賭け屋では3年連続オッズが最低だったというのにだ。もっともあそこも信用ならない。今年はともかく昨年は、一昨年に中国作家が受賞したのだから、「地域循環」を重んじるノーベル賞選者たちが、アジアの一角に存する日本の作家を選ぶワケなどなかったのだ。もっとも狡猾なイギリスの予想屋どもは「2年連続アジア作家の受賞」という「サプライズ」までも視野に入れていたかもしれない。
 村上春樹は受賞を拒否している、とワタシは思う。かつてサルトルなどがノーベル文学賞を拒んだが、それは拒否を表明する行為を公にするということ自体が、己の立場(スウェーデンを含むの皇族への拒否感、とか諸々)をあらわすという能動的な行為になるからだ。
 村上春樹は「ただ」受賞したくない。ノーベル文学賞作家ともなれば、マラソンにまつわるエッセイなど気軽に書けなくなってしまうだろう。その他殺到する取材、TV出演要請など、いかにも彼が苦手とするイベントが満載となる。村上春樹はとにかくそれやこれやを避けたいのだ。
 深夜、スウェーデンから村上邸に電話が入る。「あなたが今年度の文学賞に選ばれました」「あ、要らないですから他の作家さんを選んでください」きっとこんな会話が交わされたのだ。ここ数年間(昨年は絶対なかった)か、もしかしたらもっと以前の期間から。
 ノーベル賞は「候補者」というものを事前に公開しないから(文学賞の場合は50年後に公にする。やはり安倍公房はとても近い位置にいたようだ)、上記のような会話も、そういう駆け引きがあったことを隠すことも可能だろう。
 まぁ書くものの質がどんどん落ちてきている村上春樹さんのことだからして、本人の意識はともかく、結果的にはこれでいいのかも知れない。

|

«カルピス劇場つっても全部のスポンサーじゃないんだけどね。