« 『ブロークバック・マウンテン』 | トップページ | 『また会う日まで』 »

『カラマーゾフの兄弟』

★★★★
ドストエフスキー 亀山郁夫訳
<08/03/22> さすが新訳、ドライブ感のある読み口。特に「イワン」はいいねえ。彼(および彼の妄想する者)の、怒涛のひとり語りには、興奮&陶酔。

« 『ブロークバック・マウンテン』 | トップページ | 『また会う日まで』 »